"Moka Mizuki" ①





1年前



仕事のために



感情を押し殺さなくてはならなかった


上に行くために

足元を救われないために


手段を選ばず

自らを犠牲にして




失うものはなくて

失ったらもってるものを数えろなんて

言うけど


私には私しか残っていなかった


もう失うものなんてなかった  



頼れるのなんて

信じられるのなんて

私しかいなかった  



誰もいなかった 



あのとき






同期に言われた言葉


あなたは優しいから無理だよね

あなたは優しいからつらいよね


あなたは優しいから…




でも、あなたは強いから。









そのたった二言で

どれだけ涙流したのでしょう。




感情を押し殺し押し殺し押し殺し

やがては

自分に言い聞かし

これは自分が望んでいることなんだと

自分の本心なんだと




そうして

水輝桃華が生まれました。



私が私であるために

 




周りの夢は自分の夢だと言い聞かし

期待には答え


想像は遥かに超えて結果を出し






そうして

水輝桃華が生まれました。








もともと完璧主義で

負の感情は捨て



私が私であるために






知らない間に


人に感情を見せなくなった



だから

リアクションも下手です。

もう人に感情を見せないことが癖付いているから。





相手を傷つけない変わりに

自分に刃を向けて。





でもそれが

水輝桃華です。













私は

自分を知る人間は自分だけでいいと誓ったあの日



忘れないように

見れば思い出すように

ネックレスを購入してお守りにした。






あれから1年。






もう次は進もうよ。












でも







もうわからないのですよ。




普通の生き方が