人生は自分は変えることができる





最近色々なことがあり

ふと、昔の自分自身を

思い出すことがあったので

ブログに書こうと思います。







今の私は

自分から買ってでも苦労したいと思う。

大きな目標と夢と周りの人たちのために

成し遂げたいことがある

夢をかなえ続け、持ち続けていきたいと思う

自分自身輝いていたい


いろんな人に、もかは、

人の悪口とか一切言わないよね

聞いたことない。

と言われますが、言わないのではなく

思わないのです。

だって完璧な人間なんていないですもん。

人それぞれだし、それ以上に私は

その人の魅力を見ているので

少し欠けている部分を私たち他人が

どうこういうことではないし、

きにすることじゃないので思わないのです😊


あと・・・


私には妬みや怒りといった感情が

ほぼ皆無です。


皆無というよりは

その感情の変換ができるのです。



嫉妬を抱きやすい条件とは

 ・自分と相手の間に、共通性や関わりがある


 ・自分が持っていないものを持っている


 ・相手の行いや存在が自分の劣等感を刺激する


 この3点が、

嫉妬を生じさせる

最大要因だといわれています。



まず

妬みというのは己の弱さ。

まずは他人を認めること

自分より力や才能がある人を妬む人がいる

「羨ましいな~」

人はその人でしか解らない苦労や悩みがあるもで

お金持ちにはお金持ちなりの

有名な人は有名な人の

悩みや不安がある


大小も形も色も違う悩みや不安が

他人が聞けば

「そんなこと」と思われてしまうことも

当人でなければ解らない事は多い


時には恨みや妬みはパワーになる

馬鹿にされたから

いつか見返ししてやる

そう思って頑張って

努力を続けて結果を出す人もいる

恨みや妬みは凄いパワーになる

良い方に使えば

本当に人生を好転させることもできる

一番悪いのは

他人の足を引っ張る事に力を使う

恨みや妬みをその人を

引きずり下ろすことや邪魔する事だけに力を使う

一番人として最低な行動

悔しいなら

他の事で頑張ればいい

人には向き不向きもある

勝ち負けや

強弱が付いてしまうのが人で

才能も努力もするか差が付く

本当にかなわないなら他の事で見返せばいい

まずは

己の負けを認めて

己の弱さを認めて

頑張れば良い

悔しくて妬んでも

そこで負けているなら

今かなわないなら

努力するしかない

日々の努力をするしかない

人は自分が一番かわいいから

負けを認めたくはないけれど

他人を認められる人が一番成長する

でも

それは人生が負けたわけではない

まだ頑張ればどうなる解らないのが人生で

他人を妬んでも意味がなく

そのパワーをどう使うか

悔しい見返したい

そう思う事は良いことで

そう思えるなら

まだ頑張れる

他人の足を引っ張るような

最低な生き方や寂しい心を

持っていないだけ

悔しくて見返したいと思う人は

良い人生を送れると思う

他人を認めて

己の弱点や弱さを認めて頑張れば良い

凄い人はいる

かなわない人もいる

引っ張り合いではなく

認め合うことの方がお互いに良いと。






最初に話したように

私は感情変換ができます。


私は

通常の人とは比べ物にならないほどの 極度の負けず嫌いです。


私も昔は

人と自分を比較して嫌になり

虚無感に襲われたり

その自分よりすごい人に

何かしら理由をつけ

嫌いになり遠ざかしていました。


そして人に勝つことを考えていました。


でも

そんなことをしても

自分自身がは成長しないのです。


人を勝手に決めつけ

引きづりおろしたとしても

それは自分の価値観の中での話。


現実、その人はすごいのですから。


今の私は

自分に軸や芯があります。

いつも

私にしかできないことは何か

私にしか生きれない

唯一無二の人生とは何か

私にしかないことは何か。


そして今の私は

勝ちたいではなく

負けたくないと思っています


これは前者と後者ではかなり違います。


勝ちたいというのは

自分より上にいる人に

焦点を置きその人を

下に落とし自分が上に行くという感覚


それに対し

負けたくないというのは

焦点が自分で

自分が努力し上に行くという感覚


かなりの違いです。

私は勝ちたい負けず嫌いではなく

負けたくない負けず嫌いです。


しかしほとんどの人が

前者なのです。


そしてそこには妬みがあります。

妬みではない!といっている人が

いますが、

それは妬みという感情を

認めていないだけで立派に妬みです。




『徒然草』の一節、

「勝たんと打つべからず。負けじと打つべきなり」


「勝たん(勝とう)」というのは一点集中的でしょう。

瞬間じゃないですか、「勝った!」という高揚は。

ゴルフでいうと

最後に球がホールに入る瞬間であったり。

バトミントンやテニスだって、

最後の一打で勝利を決めて「よっしゃあ!」とか。



「負けじ」というのは

そうじゃなくて、

常なる心構えなんですよ。

一時の他人の大勝とか好調不調にまどわされない、

自分が自分のペースで

戦っていくための心のありようのことなんです。


負けたら、

そこで終わりかもしれない。

でも負けないうちは試合は続いていく。


だけど「勝たん」の精神でいくと、

勝つと同時にピークが訪れる。

ピークがあると、必ず減退が始まる

。あるいは減退そのものになる。

ピークにとどまることはありえない。

ピークのあとは、必ず墜落に向かうんですよ。







夢も何もない

頑張る事もない

やりたい事もない

輝いている人が嫌いで

目立っていてみんなに好かれた

キラキラした人が嫌いで

口を開けば愚痴ばかり

人の悪いところを探して話して

そして

何もない自分が嫌いだった

いつも人と自分を比較して

虚無感に襲われる。


そんな子でした


今では別人ですから

私は昔の自分を忘れていました。







私は基本、何か言われても

気にするような小さい器じゃないです

何か言われたところで

相手にしているほど暇じゃないし

子供ではないので。。。


ですが。。。

あまりにも不当であり、、、。



私は全てを犠牲にしてきて全て失っての今で、

苦労をしての今だし決して楽なんしてきてない。

人のお金でハイブランド買ったことなんてないし

旅行もない。肩書きが欲しくて起業したのでもない。

社長になることが夢じゃないし

そんな肩書きいらない。

結果として社長になっただけ。



私がどれだけの思いで、

どれほどの覚悟を持って

この道を選んだとおもってんのかな。



生きる辛いと思うほど悩んで、

逃げたいとも思った、毎日が怖くて、

辛くて辛くてたまらなかった、



それでも頼れるのは自分しかいなかったから

頑張るしか結果出すしかなかった。




そんな負の感情も、


全ての全てを糧にし

自分の力に変えてやっていこうと覚悟して。



人に頼ったことなんてなかった



私のフォロワーさんとか友達が、

私のことを一切妬まずに

頑張ってるねと言ってくれて、

アンチがいないのは、私が人生かけてこの半年、

1年でかなり成長して変わったのを

直でsnsを通してでも 見てるから、

何も無い状態から、

努力して苦労して成り上がって成長してるのを

SNSに乗せてなくても、私から感じてくれてるから。




24時間365日寝る間を惜しんで

仕事に全てを捧げてきた

学校を卒業したその次の日からずっと。

何をしてても常に仕事のことを考えている



私のことがよくわかるのは

インスタグラムかもしれない


でもはっきり行って

プライベートのようで

プライベートではないです。


あくまで趣味。


昔とは違って私は

今は立場がある

どんなにしんどくても

それを表に出すことはないし

どんなに怒りがあっても辛くても

それが不当であったとしても

感情的にならず

冷静に対応しなければならない。





今だから時間に余裕がありますが

ついこの間まで

早朝から夜中まで

会談会食打ち合わせ。

夜中に帰り朝まで自分の仕事。

この生活を半年以上してました。


もちろん寝ていません

寝るのさえ怖かった

仕事をしていない時間が怖かった


みんな普通にご飯食べてる間

私は昼の夜も会食で

気を張って仕事の話しながら食事しますし


みんなが友達にラインしてる間

私は常に仕事のラインしてました。


夜、考えすぎて

自分の将来やいろんなことに

不安になり動悸が止まらず

救急車で運ばれたこともありました。


なりたい目標の自分と

今の自分のさや未熟さに

嫌になることもあります。




今だから落ち着いて

日常を丁寧に過ごしてます。


SNSも最近は

仕事のことを載せてないので

やっぱり楽してるように

思われても仕方ないですが、


人に実力8の運2だと言われましたが

違います。


努力8の運1、実力1だと思ってます。


私は自分の力でここまできました。



自分には何もありませんとか

私からしたら

ただの甘えです。



死ぬほどの苦労をして

生きるのが辛いと思うほど努力して

みんな手に入れている


それから逃げ

そんなこといってるのは逃げ。

ただの逃げ、



昔の私がそうだったから

わかるのです。


まるで昔の自分を見ているようで。。


自分に自信がなくて

輝いている人を羨ましく思うだけだった。




私は

変わりたいと思ったから

いろんなことがあったから


だからこその今です。




だから。。。

自分は、人は変われるし

自分が変われば考え方も感性も変わる

そうすれば

出会う人も

環境も人生も変えられる・・・。




私と関わった人

全ての人に


私と出会えてよかったと

思ってもらえるように頑張りたい😊



何より

社員の子や

スタッフの子には


仕事の本当の楽しさを

知ってもらいたいし

教えてあげたい。


物事の考え方や

捉え方を教えてあげたい。

本当に人生が変わるから。





長文を読んでくださり

ありがとう。



みんなありがとう


もっと成長するから。