伝え方で言葉の意味が変わる。





どんな言葉も伝え方次第。


伝え方と

言葉選びを間違えると


本当に伝えたいことが

伝わらなかったり。






敢えて相手を傷付ける言い方


する必要ありますか?



それは自分の自己満足に過ぎない。







わたしは怒ることがありません。




相手の弱さを受け止め、許し

その弱い部分も

醜い感情も含め、愛すから。




怒ることがないのですよ。




怒らないし

責めもしないし

詰めることもない。



例え、"怒り"って感情が

私にあったとしても


怒りも悲しみも

自分に矛先を向けるから。




口頭表現力 身につけていきたいですね。



アフターコロナ時代

間違いなく文章力が大切になるかと。









嫌なことがある

👇

相手に怒る、拗ねる、責める



ではなく

相手に素直に

これ嫌だからやめて

これ苦しいからこうして欲しい


などある意味甘える。





これはわたしが相手に

話すときに気を付けていること。







伝え方は大事ですよ。









わたしは

怒りの感情を過去に捨てています。



気を付けてる事は

相手を責めない、追い詰めない事。






そういえば。




我慢と許すのは

覚悟が違います。



怒りを捨てるというものは

並大抵のことではありません。